歯医者

虫歯の恐怖|歯医者に行かないことで悪化する虫歯

痛くない治療

歯型

虫歯というのは、歯磨きをきちんと行っていてもなってしまうことがあります。その理由は、磨き残しです。歯磨きは、それぞれ人によって癖が存在するため、人によっては磨き残しが発生しやすくなります。そしてそんな磨き残しから虫歯は発生してしまいます。虫歯は、風邪とは違います。一度虫歯になったなら、食生活に気をつけて歯磨きをしっかり行うようにしても後の祭りであり、自然治癒することは決してありません。そのため、きちんと歯医者に行って治しましょう。
禁煙の歯医者は痛みを抑えた治療を念頭に置いているところが多いです。表面麻酔で歯茎の痛みを麻痺させてから麻酔注射をして削る際の痛みを鈍らせて治療に望むので、昔に比べて歯の治療で痛むということはほとんどありません。また、歯は削り過ぎると負担が大きくなるので、最近ではマイクロスコープ(顕微鏡)を用いて虫歯の箇所だけを削って治療する歯医者も増えています。また、最初期の段階の虫歯の場合、治療しないケースもあります。初期段階の虫歯は歯磨きをしっかり行うことで進行を止めることができ、削るよりも負担が少なく治療と予防が行えるからです。また、治療して削った隙間にプラスチックを詰めることで隙間に歯垢が進入するといったリスクも防げるため、運よく初期段階で見つかった場合はブラッシングの徹底をして予防することを進めています。このように、近年の歯医者は昔とはだいぶ違っており、患者の負担が少ない治療をこころがけているところが多いです。

本物そっくりの歯に

女性

歯の補綴物の中で、手軽につけれて本物そっくりの見た目に出来るのが差し歯です。セラミックやジルコニアなど素材に拘ることでより本物そっくりの見た目と質感に見せることができます。

もっと詳しく

不可能を可能に

笑顔

昔のインプラント治療は口腔内の状態によって手術不可能なケースが多かったです。しかし、近年では手術不可能な状態を改善する手術にも対応しているクリニックがあるので、手術が可能になるケースも存在します。

もっと詳しく

様々なパーツ

歯科

インプラント治療は、パーツの種類によって歯肉の定着スピードが大きく異なります。神戸の歯科医院ではこだわりのパーツによる手術を行うところが多く、殆どの場合大手の部品を使っています。

もっと詳しく