白い歯

虫歯の恐怖|歯医者に行かないことで悪化する虫歯

不可能を可能に

笑顔

インプラント手術を行うためには条件が存在します。一つ目は歯周病にかかっていないこと、そしてもう一つは顎の骨が薄くないことです。歯周病になっている場合、インプラントを生着させるための歯肉がなくなってしまい、インプラントが露出してしまうこともあるので手術が行えません。そのため、歯周病を治療すれば行うことは出来るかもしれませんが、歯周病が進行しすぎていた場合は手術が行えなくなる可能性が極めて高いです。もう一つの顎の骨ですが、インプラントは顎の骨に埋め込む手術です。そのため、顎の骨が薄かった場合埋め込むことができなくなってしまうので手術そのものが行えません。以上二つの状態だと治療は極めて困難になり、場合によっては不可能なケースが殆んどでした。しかし、近年ではこの二つのどちらかが当てはまっても印欧欄と手術が可能なところが増えています。
不可能を可能にするための方法、それは移植手術です。例えば歯周病の場合、同じ顎の歯の裏側から歯肉を摂取し、表面に貼り付けることでインプラント手術をしても違和感のない見た目にすることができます。なお、歯周病の治療が完治しているのが絶対条件です。骨が薄い場合も骨移植手術を行うことで改善できます。骨を移植することで顎の骨を厚くすることができるため、従来の顎のように手術を行うことが可能です。このように。近年ではかつて不可能だったことが可能になり、クリニックに相談することで可能かどうかというのは変わってきます。