白い歯

虫歯の恐怖|歯医者に行かないことで悪化する虫歯

本物そっくりの歯に

女性

歯科の中に、審美歯科という歯科があります。そこでは治療後の口腔内を健康的に違和感なく見せるように特化している歯科であり、ここで作られたものは本来の健康的な歯と全く見分けがつかない義歯を使用しています。例えば、差し歯です。差し歯は無くなった歯の代わりにそこに差し込み、見た目を違和感なくするためのものです。噛む力は本物の歯に比べると若干弱いですが、それでもある程度は使用に耐えます。差し歯の最大の特徴は、入れ歯と違って付けても口腔内に違和感が無いということです。入れ歯はその構造上どうしても見た目に違和感が生じてしまいますが、差し歯はパーツが少ないため、健康的な口腔内に見せやすいのが特徴です。
そんな差し歯に使う素材も、審美歯科では多数そろっています。有名な素材では、セラミックが挙げられます。セラミックとはいわば陶器であり、白く本物の歯に近い見た目にしやすいのが特徴です。そのため、差し歯の多くはセラミックを利用しているところが多いです。セラミックよりもワンランク上なのが、ジルコニアです。ジルコニアはセラミックの弱点である頑丈さを大幅に強化したものであり、セラミックの特徴に加えて割れにくいという長所を兼ね備えています。
これら差し歯づくりは、主に歯科技工士が行っています。歯科技工士とは義歯を作る職人のことであり、医師のカルテや指示に従って本物そっくりの義歯を作ってくれます。この歯科技工士の腕によって、差し歯の見た目は大きく影響します。